Idol

【連載】『相田詩音の爆裂ゲーマー道』~ファイナルファンタジー零式~vol.9!

dot yell編集部

みなさんこんにちは!


ARCANA PROJECTの相田詩音です🌙


『相田詩音の爆裂ゲーマー道』Vol.9!


今回は何のゲームを皆さんにご紹介するかといいますと……


満を持して!あの!日本が世界に誇るRPGシリーズ『ファイナルファンタジー』シリーズより、


『ファイナルファンタジー零式』ですッッッ!!👏(興奮)

大好きな作品かつ思い出深い作品なので、いつこのコラムで紹介しようと思っていたのですがついにこの時がやってきましたね!


この作品は私が初めて自分で買ったゲームの一つで、中学2年生ぐらいの時、据え置きのゲーム機を持っていなかったので、当時持っていたPSPで遊べるゲームを探した結果、『ディシディア ファイナルファンタジー』『クライシスコア -ファイナルファンタジーⅦ- 』『ファイナルファンタジー零式』を購入したんですよね~。


実はこれが私のFFデビューなのですが見事に全部ナンバリングタイトルじゃないという、、笑


『FF零式』に惹かれた理由は、当時数あるシリーズ作品の中で唯一漢字を使ったタイトルで、その異質な感じにビビッと来たからです。


物語の舞台はクリスタルの力を巡って朱雀、白虎、蒼龍、玄武の四つのクリスタルを擁する国が戦いを繰り広げているオリエンスという大陸。

国ごとに違うクリスタルの恩恵がそのままその国の個性となっていて、


朱雀:朱雀領ルブルム。四つの国のうち唯一魔法を使える国


白虎:ミリテス皇国。クリスタルの力を魔導アーマーなどの兵器に転用している近代国家


蒼龍:コンコルディア王国。女性中心の国で竜や魔物を操る力を持つため軍はドラゴン中心の部隊


玄武:ロリカ同盟。国民ほぼ全てが戦士で身体に直接クリスタルの力を取り込むことで肉体強化して戦う


といった違いがあります。


そしてこの作品をプレイする上で大切な世界観のひとつとして、オリエンスの人々はクリスタルの慈悲によって、人が死ぬとその人に関する記憶をすべて忘れてしまうというものがあります。この死の忘却によって、ストーリーが更に深みを増しているなと思いました。

そもそもこの作品は戦争をテーマに人々の命と絆を描いた凄く重いストーリーで、平気でキャラが犠牲になることもしばしば。それが余計に戦争というものをより現実味を帯びたものとして私たちプレイヤーに突きつけます。


ネタバレは控えますが特にラストの展開は本当に……ぜひ皆さんにもあの展開を見てあの時の私の気持ちを味わってほしいです(道連れ)


朱雀の中心である「魔導院ペリシティリウム朱雀」ではオリエンスの救世主とされる「アギト」を育成すべく、素質を見込まれた若者が「アギト候補生」として日々鍛錬に励んでいます。

プレイヤーはその「アギト候補生」の中でも特に能力が高く、当初存在が秘匿されていたため候補生の間でその存在が幻ともされていた「0組(クラスゼロ)」のメンバーを操作して、戦いの中に身を投じることとなります。


0組のメンバーは全部で12人で、後から2人加入するのですがこの計14人のキャラクターをなんと全員操作して戦うことができます⚔


個性豊かな候補生たちはその使用武器も様々で、カードやフルート、弓や魔法銃など好きな武器を選ぶことができます。


私が特にお気に入りで使っていたのはカードが武器のエース、鞭のような特殊な剣を使うセブン、そしてダガーが武器で魔法も得意なレムでした(^-^)

14人の中から好きな3人を選んで、戦いの中で敵によって入れ替わりながら戦うので戦闘もサクサクで楽しかった覚えがあります。


そしてFFシリーズおなじみの召喚獣を「軍神」として召喚して戦うという要素もあり、ド派手な戦いを楽しむこともできました。犠牲を払って召喚される軍神の登場ムービーもぜひ見て頂きたいポイントです!


ストーリーが進むと「制圧戦」という名で、味方の拠点を守ったり敵の拠点を制圧したりというRTS要素のある任務を行うこともあるので、いろいろな形での戦闘ができて新鮮でした!


メインキャラクター以外のキャラクターもとても魅力的で、特に0組の教官であるクラサメ隊長がイチオシです。かつては「氷剣の死神」と畏怖されていたらしいですが、0組に接する姿はザ・安心感!

バットを持っている女性

中程度の精度で自動的に生成された説明

とにかくストーリーと0組の奮闘を見届けてほしいのはもちろんなのですが、このゲーム、やりこみ要素も豊富に用意されているのです!


ストーリーは1週目では謎が深いままですが、2週、3週と周回することで1週目では見れなかったイベントや仕掛けがあったりします。私も3週プレイしました✌


周回することで物語の裏で起こっていたことや、キャラクターの見えなかったところが見えてくるなんて、わくわくしますよね~!


また、「アギトの塔」という100レべ越えの敵数百体と戦うという、とんでも難易度のダンジョンがあるのですが、3週目の途中でもきつくてクリアできなかった覚えがあるので本気でやり込みたい方は「アギトの塔」クリアを目指しても良いのではないでしょうか!


元々はPSPでプレイできる作品でしたが、今はPS4やXBOX、SteamなどでHDリマスターをプレイすることができます!


PSP版はディスクが2枚あったのですが、2枚目に切り替えた時のあの光景は今でもトラウマなので欲を言うならそれも味わって頂きたいのですが、、、


とにかくストーリーが素晴らしいので、クリスタルを巡る戦争の中で必死に戦い抜く0組の物語をぜひ皆さんも見届けてみてください!きっと受け取るものがたくさんあるはずです。


ここまで読んで頂きありがとうございました(^-^)


また次の連載でお会いしましょう~!👋


それでは……クリスタルの加護あれ!


© 2011,2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA

LOGO ILLUSTRATION: © 2011 YOSHITAKA AMANO

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

この記事を気に入ったらシェア!